イカメタルのクーラーボックスの大きさ(サイズ)

イカメタルのクーラーボックスの大きさ(サイズ)

イカメタルのクーラーボックスの選び方についてご紹介しています。

 

一般的に、クーラーボックスは大きさ(サイズ)保冷力で選ばれることが多いです。

 

大きさと保冷力について解説していきます。

 

イカメタル クーラーボックス
        (イメージ)

 

 

イカメタルのクーラーボックスの大きさ(サイズ)

イカメタルのクーラーボックスの大きさ(サイズ)についてです。

 

大きさは、クーラーボックスを選ぶ際に、もっとも重視しなければならないことです。

 

せっかくクーラーボックスを購入しても入らなければ意味がありませんからね。

 

そのため、まずどれくらいの大きさのイカが、どれくらい釣れる可能性があるのかを把握しておかなければなりません。

 

 

イカメタルゲームは、正直なところ3ケタ(100杯)釣るのは難しいです。

 

よほど条件のよい日でないと、3ケタまでは釣れません。

 

もちろん、釣りに行く時期や場所などによってもかなり変わってきますが。

 

最高が100杯と考えれば、容量が25〜35リットルの大きさのクーラーボックスを用意しておけば十分です。

 

後は、どれくらいの大きさのイカが釣れるのかを考えればよいだけです。

 

 

大は小を兼ねるではありませんが、35リットルのクーラーボックスをおすすめします。

 

あまり釣れていない時は少し大きく感じますが、アジやマダイ、ハマチなど(中型ぐらいまで)の船釣りにも使えます。

 

スポンサーリンク

 

 

イカメタルのクーラーボックスの保冷力

イカメタルのクーラーボックスの保冷力についてです。

 

保冷力は、高いに越したことはありません。

 

釣り用のクーラーボックスを購入すれば、それほど気にしなくてもよいと思います。

 

 

注意しないといけないのは、レジャー用のクーラーボックスです。

 

もちろん、レジャー用でも使えなくはありません。

 

しかし、レジャー用は安いということもあって、保冷力はそれほど高くはありません。

 

真夏の炎天下で行うような釣りでは、中に入れた氷がすぐに解けてしまいます。

 

真夏の炎天下は、少し厳しいかもしれません。

 

 

ただ、夜釣りなら、何とかなると思います。

 

釣りを終えた後、さらに氷を買い足しておけば問題ありません。

 

 

あとは、大きさと保冷力を考慮したうえで、予算の範囲内にあるクーラーボックスを探せばよいです。

 

それほど高価なクーラーボックスは必要ないと思います。

 

 

このような便利な商品があります。

 

その名は「スクイッドキーパー」です。

 

これは、熱伝導性能に優れたアルミニウム素材を用いたイカ用のストッカーです。

 

そのまま重ねてクーラーボックスに入れることができます。

 

イカをきれいな状態で持って帰ることができます。

 

 

 

イカメタルのクーラーボックスのおすすめ

イカメタルのクーラーボックスのおすすめについてご紹介しています。

 

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

次へ 「イカメタルの釣り方(しゃくり方)

ホーム