ムギイカメタルの釣り方(誘い方)

ムギイカメタルの釣り方(誘い方)

ムギイカメタルの誘い方についてご紹介しています。

 

ムギイカも、イカメタルの基本的な釣り方で十分釣れます。

 

ムギイカメタル 釣り方

 

 

釣りの準備ができれば、釣りを開始します。

 

まずは、船長から指示があった棚まで仕掛けを沈めます。

 

沈めた後、誘い始めます。

 

 

ムギイカメタルには、アオリイカのような激しいシャクリは必要ありません。

 

スルメイカは、あまり激しい誘いには興味を示さないと言われています。

 

個人的には、少し激しめに誘った方がよいように感じます。

 

もちろん激し過ぎるのはダメですが。

 

感じ方に個人差があるので何とも言えませんね。

 

 

基本的な誘い方には、次のようなものがあります。

 

  • 数回ロッドを上下に動かした後にステイ。
  • フリーフォール後にステイ。
  • 数回シャクリながら巻き上げた後にステイ。

 

他にも、いろいろな誘い方がありますが、まずはこれらの3つでやってみるとよいです。

 

 

すべてに共通するのが、ステイです。

 

必ずイカが乗ってきやすいタイミングを与えてやります。

 

誘いっ放しでは、イカは乗りたくても乗れません。

 

そのため、誘うのと完全に止めるステイで、メリハリを付けることが重要です。

 

スポンサーリンク

 

 

ムギイカの当たりは、意外とわかりやすいです。

 

小さくても、結構引きます。

 

ただ、わかりにくい当たりもありますので、わずかな当たりも見逃さないように集中しなければなりません。

 

当たりがあっても乗らない場合は、2〜3mほどフォールさせると、よい誘いになって乗ってくることがあります。

 

 

ムギイカが乗れば、ゆっくり巻き上げて追い乗せを狙うとよいです。

 

群れが大きいと釣れまくります。

 

3ケタ(100杯以上)も夢ではありません。

 

 

ムギイカは、マイカと違って足切れしませんので、少々強引に巻き上げても大丈夫です。

 

ラインを緩めないようにだけしておけば問題ありません。

 

 

イカ釣りは、どんどん棚が変わります。

 

イカが、水面付近まで上がってくることも珍しくはありません。

 

そのため、上から下まで幅広く探ることが重要です。

 

早く釣れる棚を探しましょう。

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

次へ 「ヤリイカメタルの仕掛け(ロッド・スッテなど)

ホーム