イカメタルのリーダーの長さと太さ(号数)

イカメタルのリーダーの長さと太さ(号数)

イカメタルのリーダーの長さと太さ(号数)についてみていきます。

 

リーダーは、フロロカーボンの1.5〜3号を使います。

 

長さは、1.5〜5mでよいです。

 

一般的には、2〜3mで釣る人が多いです。

 

状況によっては、長さや太さを変えて使った方がよいです。

 

スポンサーリンク

 

 

イカメタルにおいてリーダーは細い方がよく釣れる?

イカメタルにおけるリーダーの太さと釣果についてみていきます。

 

普通に考えると、細ければ細いほどよく釣れそうな感じがします。

 

細い方が、スッテは自然な動きをしそうですからね。

 

イカに違和感を抱かせないことが好釣果につながりそうです。

 

 

結果は、細い方がよいことが多いです。

 

上の理由で細い方がよく釣れることがあります。

 

ただ、必ずしもそうとは言えないというのです。

 

つまり、リーダーが太い方がよく釣れることがあるのです。

 

 

太い方が潮の抵抗が大きく、ゆっくりフォールします。

 

フォールのスピードが抑えられることで、イカの乗りがよくなるのです。

 

浅い棚をカーブフォールで攻める場合に適しています。

 

 

ただし、潮が速いと釣りになりません。

 

潮の抵抗をまともに受けるので、仕掛けが大きく流されてしまうためです。

 

潮が緩い時は太くても構いませんが、速い時は細くするようにします。

 

 

大きなイカが釣れている場合は、少し太めの方がよいです。

 

取り込み時にバラしてしまうおそれがあります。

 

 

リーダーの太さは、状況により変えるようにします。

 

特に、釣れない時はいろいろやってみるとよいでしょう。

 

 

イカメタルで使用するリーダーの長さの選び方

イカメタルで使用するリーダーの長さの選び方についてご紹介しています。

 

個人的には、リーダーの全長はそれほど釣果には影響しないと考えます。

 

もちろん、中オモリ仕掛けを使う場合などは、影響が出る可能性がありますが・・・

 

 

オバマリグでスッテを複数個使用する場合は、リーダーからエダスを出します。

 

エダスの長さは非常に重要です。

 

この長さによって、イカの乗りが変わってくるためです。

 

 

では、エダスの長さはどのように選べばよいのでしょうか?

 

イカの活性や狙うイカのサイズによって使い分けるのがベストです。

 

 

イカの活性が高い時は、エダスは短めのものを使います。

 

短いと高感度なので、当たりがダイレクトに伝わってきます。

 

そのため、どんどん掛けていくことが可能です。

 

 

 

イカの活性が低い時は、エダスは少し長めのものを使います。

 

アクション重視の仕掛けで、誘ってステイで乗せます。

 

 

 

中オモリを使った仕掛けは、ハリスが長いためゆっくり沈んでいきます。

 

そのため、食いが渋いイカ警戒心の強いイカでも乗せることができます。

 

大型も狙えます。

 

ただ、ある程度潮が流れていないと使用できません。

 

 

 

ここまでの解説は、あくまで目安です。

 

日によって、どのようなタイプの仕掛けがよいのかはわかりません。

 

釣れない時は、いろいろ試してみるとよいでしょう。

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

次へ 「イカメタルスッテのおすすめの重さ・サイズ・カラー(色)

ホーム