日中イカメタルの仕掛けと釣り方【デイイカメタル】

日中イカメタルの仕掛けと釣り方【デイイカメタル】

イカメタルゲームと言えば、普通夜釣りをイメージします。

 

しかし、イカメタルゲームは日中(昼間)でも行うことができます。

 

夜釣りで行うのとは、若干異なります。

 

日中イカメタルでよく釣れるのは、マイカやヤリイカ、スルメイカなどです。

 

 

日中イカメタルの仕掛け

日中イカメタルの仕掛けについてご紹介しています。

 

チヌ釣り

 

基本的な仕掛けは、夜釣り(オバマリグ)で使用するものと同じでも構いません。

 

 

ロッド

ロッドは、イカメタル専用ロッドがおすすめです。

 

船のライトゲーム用ロッドでも代用できます。

 

長さは、7フィートぐらいがよいです。

 

「イカメタルロッドの選び方」を参照!

 

 

リール

リールは、底を取りやすいベイトリールがおすすめです。

 

カウンター付がよいです。

 

「イカメタルのリールの選び方」を参照!

 

 

ライン

ラインは、PEの1号を使います。

 

 

リーダー

リーダーは、フロロカーボンの2.5号を使います。

 

1mほどセットしておくとよいです。

 

これに市販のイカメタルリーダーをつなぎます。

 

 

スッテ

1番下にイカメタルスッテを付けます。

 

重さは、水深や潮の速さなどによって変わってきます。

 

事前に釣り船に確認しておきます。

 

 

ドロッパー(エダスに付けるスッテ)には、浮きスッテやエギを付けます。

 

狙うイカの大きさなどによって変えます。

 

 

「イカメタルスッテ・ウキスッテ・エギのおすすめ」を参照!

 

 

日中イカメタルの釣り方

日中イカメタルの釣り方についてご紹介しています。

 

まず、狙う棚についてです。

 

夜釣りでは、イカは船の明かりでどんどん浮いてきます。

 

しかし、日中の釣りではそういったことはありません。

 

基本的には、にしかいないと思っておいた方がよいです。

 

そのため、狙う棚は底から3〜5m上ぐらいまでです。

 

 

釣り方は次のとおりです。

 

はじめに、仕掛けを底まで沈めます。

 

着底したら、すぐに巻き上げて底を切ります。

 

根がかり防止のためです。

 

 

巻き上げたら、2〜3回シャクります。

 

その後、リールを1回巻き上げて、数秒ほど何もせずに待ちます。

 

 

当たりがなければ、10mほど巻き上げて、再び底まで沈めます。

 

イカは沈んでくるものに好反応を示すため、このようにしてスッテやエギをアピールするのです。

 

後は、先ほどと同じでよいです。

 

 

途中で、シェイクを入れるのも効果的です。

 

誘った後は、必ず止めて乗るための間を与えてやります。

 

 

当たりがあれば、きちんと合わせます。

 

合わせないと、バレる原因になります。

 

 

当たりは非常に小さく、わかりづらいことがあります。

 

そのような時は、違和感があったらすぐに合わせるようにします。

 

もし乗らなくても、それがよい誘いになることがあります。

 

 

イカが乗っていない時のロッドの重さを覚えておきます。

 

そのようにしておくと、明確な当たりがなくても、イカが乗った重みを感じ取ることができます。

 

 

参考動画

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

次へ 「ムギイカメタルの仕掛け(スッテなど)

ホーム