中オモリ式イカメタルの仕掛けと釣り方【オモリグ】

中オモリ式イカメタルの仕掛けと釣り方【オモリグ】

中オモリ式リグ(オモリグ)で釣る方法があります。

 

この釣り方のメリットは、良型を釣るのに効果的であるということです。

 

エギやスッテがゆっくり沈んでいくので、警戒心の強い良型も違和感なく乗ってくれるのです。

 

 

中オモリ式イカメタルの仕掛け

中オモリ式イカメタルの仕掛けについてご紹介しています。

 

中オモリ式イカメタルの仕掛けは、通常のイカメタル仕掛けとは異なります。

 

仕掛けは、次のとおりです。

 

イカメタルのオモリグ仕掛け

 

イカメタルスッテを付ける位置が下ではなく、上になっています。

 

 

また、イカメタルスッテを使わず、オモリを使う仕掛けもあります。

 

イカメタルのオモリグ仕掛け

 

 

ロッド・リール・ライン・リーダー・イカメタルスッテ・エギは、通常のイカメタルと同じです。

 

詳しくはこちらを参照!

 

 

ロッドは、中オモリ対応のものが販売されています。

 

 

 

 

サルカンより下は、フロロカーボンの3号を使います。

 

エギまでは50〜140cmと幅がありますが、潮の速さなどで調整します。

 

市販のリーダーを使うと便利です。

 

 

 

イカメタルスッテとオモリのどちらかを付けます。

 

中オモリ専用のイカメタルスッテがあります。

 

 

 

オモリについても、中オモリ専用のものがあります。

 

 

 

上のイカメタルスッテ高活性のイカを乗せます。(イカメタルスッテを使った仕掛けの場合)

 

警戒心の強いイカ(良型のイカ)は、ゆっくり沈んでいく下のエギが効果的です。(両仕掛け共通)

 

スポンサーリンク

 

 

中オモリ式イカメタルの釣り方

中オモリ式イカメタルの釣り方についてご紹介しています。

 

釣り方は、次のとおりです。

 

軽くキャストして釣る方法です。

 

アンダースローで慎重にキャストします。

 

狙う棚まで沈めれば、数回シャクりながら巻いて止めます。

 

止めている間は、カーブフォールします。

 

これを繰り返します。

 

竿下まで来れば、仕掛けを回収して再度キャストします。

 

 

他には、竿下に沈めて釣る方法もあります。

 

着底後、すぐに何回かシャクリながら巻き上げます。

 

その後、竿先をゆっくり下げてフォール(テンションフォール)させていきます。

 

その後、少し当たりを待ちます。

 

当たりがなければ、再度何回かシャクリながら巻き上げます。

 

これを繰り返します。

 

 

シャクる際に、リールを巻き上げず、竿の上げ下げだけで誘ってもOKです。

 

底付近を狙い続けたい場合は、こちらの誘い方の方がよいです。

 

 

当たりは非常に小さいので、見逃さないように集中します。

 

イカが乗れば、テンションをかけたまま一定の速さで巻き上げます。

 

 

参考動画

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

次へ 「イカメタルの天秤仕掛けと釣り方〜鳥取スタイル

ホーム