イカメタルの仕掛け(図付き)【小浜】

イカメタルの仕掛け(図付き)【小浜】

イカメタルの仕掛け(図付き)についてご紹介しています。

 

イカメタルの仕掛けは、大きく分けると次の2種類があります。

 

一般リグとオバマリグです。

 

一般リグはひとつスッテと言われることもあります。

 

イカメタルの仕掛け

 

イカメタルの仕掛け

 

一般リグは、イカメタルスッテのみが付いた仕掛けです。

 

一方のオバマリグは、イカメタルスッテだけでなく、エダスにエギや浮きスッテが付いた仕掛けです。

 

スッテの数が1つか2つかの違いです。

 

最近は、より確率の高いオバマリグの方が人気です。

 

イカを釣りながら、アジなどを狙う!

 

アジやサバなどの魚が寄ってきた時は、オバマリグのエダスにジグヘッドとワームを付けるとよいです。

 

そうすることで、イカと魚の魚の両方を狙うことが可能です。

 

使用するジグヘッドは、0.4〜0.6gぐらいでよいです。

 

ワームも、小さなもの(2.5インチぐらい)を使います。

 

仕掛けが絡まないように注意が必要です。

 

欲張り過ぎて、どちらもダメと言うことにはならないようにしてくださいね。

 

 

 

ロッドやリールなどは、どちらの仕掛けでも同じです。

 

ロッド

詳しくはこちらを!

 

 

リール

詳しくはこちらを!

 

 

ライン

詳しくはこちらを!

 

 

リーダー

詳しくはこちらを!

 

 

スッテ

詳しくはこちらを!

 

 

オバマリグを使って釣る場合のエダスの長さについて

 

エダスの長さは、基本的に好みでよいです。

 

しかし、誘い方によって、長さを変えた方が効果的に誘いをかけられます。

 

シェイクを多用する時は、エダスを短くします。(約2cm

 

長いと、シェイクしてもエギはあまり動かないためです。

 

逆に、ステイで乗せたい時は、エダスを長くします。(約10cm

 

長いと、エギが潮の流れでふわふわと漂い、よい誘いがかかります。

 

両方で誘いたい時は、約5cmにしておくとよいです。

 

 

また、潮の流れによって、長さを調整するとよいです。

 

潮が緩い時は、エダスを短くします。

 

こうすることで、スッテやエギが安定します。

 

逆に、潮が速い時はエダスを長くします。

 

15cmぐらいにするとよいです。

 

 

 

最近では、いろいろな仕掛けが販売されています。

 

私がよく使うメジャークラフトからは3タイプの仕掛けが出ています。

 

<ショートハリス>

 

仕掛けが絡まることが少ないので、釣り初心者におすすめのタイプです。

 

スタンダードタイプなので、幅広いアクションで誘って釣ることができます。

 

シェイクやリフト&フォールで釣るのに適しています。

 

どれにしようか迷ったら、まずはこれを使ってみるとよいです。

 

 

おすすめのタックル

 

 

 

 

<ゼロハリス>

 

文字どおり、ハリス(エダス)が0cmなので、ほとんど直付けと同じです。

 

メリットは、エダスがないので、素早くアクションさせることができます。

 

当たりは直で伝わってくるので、小さな当たりも取りやすいです。

 

そのため、イカの乗りが悪い時に効果的です。

 

 

おすすめのタックル

 

 

 

 

<中オモリエギ>

 

中オモリ仕掛けで釣る時に最適です。

 

潮が速い時でも沈めやすいです。

 

エギが潮の流れに乗って、ふわふわ漂うので、よい誘いがかかります。

 

ちょい投げで釣ることも可能です。

 

 

おすすめのタックル

 

 

リール:ダイワ EM MS 2506(上と同じ)

 

 

おすすめの便利グッズ

 

こういったものがあれば、より快適にイカメタルを楽しめます。

 

 

 

イカメタル以外の仕掛けでも、マイカは釣れます。

 

こちらのサイトは、イカ釣り専門となっています。

 

いろいろな仕掛けなどの情報が掲載されています。

 

イカ釣り 鉛スッテ・ティップランエギング・浮きスッテの船仕掛けなど

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

次へ 「イカメタルロッドの選び方は?代用できるのは?

ホーム