イカメタルのベイトとスピニングの使い分け方【タックル】

イカメタルのベイトとスピニングの使い分け方【タックル】

イカメタルのベイトとスピニングの使い分け方についてご紹介します。

 

イカメタルのタックルには、ベイトとスピニングがあります。

 

ベイトリールを選べば、ロッドもベイト用のものを使わないといけません。

 

スピニングリールも同様です。

 

イカメタルのベイトとスピニング

 

 

では、どのように使い分ければよいのでしょうか?

 

日が暮れてすぐは、まだ底付近を狙います。

 

イカが船の明かりで浮いていないためです。

 

 

まずは、ベイトで釣りまず。

 

ベイトリールは、スピニングリールに比べてスムーズに沈めることができます。

 

しかも、底を取るのが簡単です。

 

 

着底後は、底付近から少しずつ棚を上げて釣っていきます。

 

ベイトリールのカウンター付きのものを使うと、どの棚で乗ってきたのかがわかります。

 

イカが乗ってきた棚がわかれば、また同じ棚を狙えます。

 

 

大型のイカは底付近にいることが多いです。

 

サイズにこだわるのなら、ベイトで底から攻めてみるとよいでしょう。

 

スポンサーリンク

 

 

船のライトを点灯して、しばらく経つとイカが浮いてきます。

 

イカが浮いてくれば、スピニングの出番です。

 

 

イカメタルスッテも、スローフォール用に変更するとよいです。

 

スローフォール用と相性がよいためです。

 

より長くスッテを見せて、抱くタイミングを長く取れるので、ヒットチャンスが増えます。

 

 

スッテをフォールでゆっくり落として、上から誘っていきます。

 

大きくシャクり上げて、ゆっくり送り込んでいくように釣るとよいです。

 

釣れなければ、少しずつ棚を下げていきます。

 

 

上から攻めていくことで、できるだけ浅い棚でイカを乗せるようにします。

 

そうすることで、手返しが早くなり、数を伸ばすことができます。

 

数釣りにこだわるのなら、スピニングで上から攻めてみるとよいでしょう。

 

イカメタルのベイトとスピニング

 

 

他にも、ベイトとスピニングの使い分け方があります。

 

それは、キャストの有無です。

 

 

キャストと言っても、本格的には行いません。

 

軽くアンダーで投げるだけです。

 

 

ベイトリールは、バックラッシュするおそれがあるので、キャスとしない方がよいです。

 

キャストするのなら、スピングリールを使うと間違いありません。

 

 

乗りが悪い時や大型を狙う時は、中オモリ(オモリグ)仕掛けを使うことがあります。

 

広範囲を探るためにキャストすることがあります。

 

スピニングで釣るとよいです。

 

 

ここまで、ベイトとスピニングの使い分け方について解説してきました。

 

あくまで目安なので、必ずこのようにしなければならないというわけではありません。

 

スポンサーリンク

 

 

 

次へ 「イカメタルで釣れない時の釣り方のコツ

ホーム