イカメタルロッドの選び方は?代用できるのは?

イカメタルロッドの選び方!代用できるのは?タイラバ用は?

イカメタルロッドの選び方と代用できるロッドについてご紹介しています。

 

イカメタルゲームには、イカメタル用ロッドを使います。

 

どんどん人気が高まっているということで、たくさんのメーカーから専用ロッドが販売されるようになってきました。

 

イカメタル用に設計されているので使いやすいです。

 

イカメタルロッド 選び方

 

 

イカメタルゲームに適したロッドは、高感度で掛け調子のものが使いやすいです。

 

イカの当たりは非常に繊細なので、高感度ロッドでなければ当たりを取ることができません。

 

当たりが取れなければ、イカを掛けるのが難しくなります。

 

 

長さは、6〜7フィートがよいです。

 

あまりにも長いと操作性が悪くなり、釣りにくくなります。

 

ただ、波が高めの時は、長い竿の方が当たりが取りやすいです。

 

 

リールは、スピニングリールでもベイトリールでも構いません。

 

先にどちらのタイプのリールにするのかを決めてから、それに対応したロッドを選ばないといけません。

 

ロッドによって、スピニングタイプとベイトタイプが決まっているので注意が必要です。

 

スピニングタイプとベイトタイプの使い分け方!

 

スピニングタイプとベイトタイプを選ぶ目安となるものがあります。

 

それは、攻める棚に応じて使い分けるというものです。

 

底からどんどん棚を上げて攻めていく釣りには、ベイトタイプが適しています。

 

逆に、表層(上)からどんどん棚を下げていく釣りには、スピニングタイプが適しています。

 

そのため、日没までや日没後イカが浮いてくるまではベイトタイプを使い、イカが浮いてくればスピニングタイプを使うということもできます。

 

もちろん、ベイトタイプで浮いてきたイカを狙うということもできますので、基本的に使い方は自由です。

 

詳しくは、「イカメタルのベイトとスピニングの使い分け方」を参照!

 

 

専用ロッド以外でも、もちろん代用できます。

 

エギングロッドやアジングロッド、メバリングロッド、タイラバロッドなどでもOKです。

 

使えそうなロッドを持っているのなら、まずはそれを使ってみてください。

 

必要性を感じれば、専用ロッドの購入を検討してみるとよいです。

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

次へ 「イカメタルロッドでダイワのおすすめは?

ホーム